前受金の保全について

トップ | 互助会 | 前受金の保全について

前受金の保全、並びに消費者(会員)保護に関する事項

安心と信頼のアスピカ互助会システム

加入者からお預かりした掛金の二分の一は保全措置が義務づけられており、安全に管理されています。 また、「結婚式」や「お葬式」などに利用する権利はどのようなことがあっても守られているととも に、 互助会制度は、結婚式やお葬式をはじめ、成人式、七五三、法要などにもご利用頂けますので安心です。

 

国の許可事業です

冠婚葬祭互助会事業は、会員様から定期的に前受金(月掛金)を預かる事業のため、割賦販売法の適用を受け「前払式特定取引業」として運営されています。
経済産業大臣の許可事業であり、厳しい審査基準条件を満たした業者だけが許可を受けて事業を行う事が出来ます。
当社は経済産業大臣許可「互第5019号」を受けて営業しております。

前受金は保全されています

会員様からお預かりした掛金は、割賦販売法に基づき、国が指定する保全機関と保証契約を結び、お預かりしている掛金額の1/2に相当する金額について保全措置を講じています。

保全先のご案内

営業保証金、前受業務保証供託先
福井地方法務局
所在地:福井市春山1丁目1-54

前受業務保証金供託委任契約受諾者
互助会保証㈱
所在地:東京都港区西新橋1-18-12 COMS虎ノ門

前受業務保証金供託委任契約受諾者
㈱商工組合中央金庫、㈱三井住友銀行、福井信用金庫、岐阜信用金庫

一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)に加盟しております 

協会は加盟互助会と協力し、加入者(互助会会員)の権利保護のために各制度を設けています。
(一般社団法人全日本互助協会(全互協)の主要事業とアスピカ会員保護)


営業保証金、前受業務保証供託先
加盟互助会が事業を継続することが困難となった場合、同機構に加盟している他の互助会が権利保証を行い、冠婚葬祭を行う制度です。当社も基金を積立てて、会員様の権利を保護しています。


前受業務保全企業内積立金制度の推進
当社では、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会が推進している前受金の企業内保全積立金制度の規定に従い、ご加入頂いた会員様の権利保護をより一層強化する事を目的として、自主的に企業内に資産を内部留保し前受金保全基盤の強化を図っております。